アンパンマン大好きファンのためのお店
>お気に入りに追加
アンパンマン アンパンマンのあいうえお教室DX

アンパンマン アンパンマンのあいうえお教室DX
価格:¥ 5,027
納期:通常24時間以内に発送

人気ランキング : 1,421位
定価 : ¥ 8,379
販売元 : アガツマ
発売日 :

喜びます!!

もうすぐ3歳の娘が毎日これで遊んでいます。
アンパンマン大好きの子供さんにはとても良いと思います。
音量の調節も出来ますし、問題などもあり文字の勉強にもなります。
自分の名前や家族の名前を押したり出来る様になりました。
ひらがなのお勉強をとお考えの方。とても役に立つと思います。

「ゲーム機」として割り切れば・・・

この商品の前のモデルにあたる「アンパンマンのテレビであいうえお教室 英語付き」というのを買いました。
アンパンマンに励まされ、アンパンマンに誉められながら、文字を勉強するおもちゃなので、娘も楽しそうにいじくり回しておりました。
子供に文字を覚えてもらうのに良い商品ではあるのですが、この一連モデルには「致命的」な欠点があります。
というのも、五十音はそれぞれ独立したキーがあるので覚えられるのですが、「濁点」「促音」などの打ち方が理解不能で、とても知育玩具とは思えない代物です。
例えば、「ぎゅうにゅう」という言葉をキーを押してつくらせる問題が出てくるのですが、これを正解するためには、まず「ゅ」→「”」→「き」→「う」→「ゅ」→「に」→「う」の順番にキーを押さなくてはなりません。
このシステムを作った人たちは、本当にこんな順序で文字を書いているのでしょうか? 購入した後にこの事実を知り、怒りを通り越して、あきれてしまいました。
販売店に問い合わせしたところ、この新商品もそういった「変」な打ち方のままだそうですので、よく検討してからご購入されることをお薦めします。
ミニゲームも幾つか入っているので「ゲーム機」として割り切れば、いいのかも知れませんが…。

考えていたよりも機能がたくさん

 本物は見ず、ネット上で注文しました。シートになっているのでボタンの隆起は無く全くの平面で、ココパッドの原理でした。2歳前のうちの子は、一人ではとても遊べませんが、色とか乗り物(救急車とか)のシートなら誰かと一緒ならなんとか遊べそうです。2歳ぐらいならボタンの隆起してるもっと単純な方が良かったなあ、と思う一方(3歳以上と書いてあるのに買ったのは私ですが)、シートは11種類と豊富で、どのシートの絵柄や出てくる音も、わかりやすく楽しくとてもよくできているなあと感心してしまいました。2歳前後の子の踏んづけや、がちゃがちゃにどこまで耐久性があるかはこれからの問題ですが、壊れなければ長く遊べる良いおもちゃだと思います。

学習用としては問題

届いた箱の大きさに一瞬我が目を疑いましたが、中身はそんなに大きくありません。
単3電池3本使用。電池とともに、ACアダプタが使用できればいいと思うのですが。
音量は3段階可変。アンパンマンのほっぺが光ります。付属シートは本体の裏に
収納できます。
これを真面目に「あいうえお学習」の教材としてみた場合、一昔前の留守番電話を
思い出させるような音質の低さは大きな問題です。大人でさえ、たとえ注意深く
聞いていたとしても、同じ母音を持つ文字の区別が付きにくいのです。
大人であれば単なる聞き違いで済むからいいのですが、学習中の子供にとっては
どうでしょう。耳に入った音声ガイドに対しての正解はちゃんと押せているのに
問題そのものを聞き違えているために、たびたび不正解となるのです。
聞き違えなのか、本当に間違っているのか、子供には判断できません。
親としては、音で勉強する知育玩具として購入したわけですから、このような
混乱要素には閉口です。
ただ、はじめて与えられた電子玩具に、うちの息子は「僕のパソコン!」と大喜び。
毎日付属シートをあれこれ交換しながら楽しそうに遊んでいます。
複雑な心境です。
もしも教材としてご購入を考えておられるなら、どこかで一度実機に触れてみることを
強くお奨めします。

「ゲーム機」として割り切れば・・・

この商品の前のモデルにあたる「アンパンマンのテレビであいうえお教室 英語付き」というのを買いました。
アンパンマンに励まされ、アンパンマンに誉められながら、文字を勉強するおもちゃなので、娘も楽しそうにいじくり回しておりました。
子供に文字を覚えてもらうのに良い商品ではあるのですが、この一連モデルには「致命的」な欠点があります。
というのも、五十音はそれぞれ独立したキーがあるので覚えられるのですが、「濁点」「促音」などの打ち方が理解不能で、とても知育玩具とは思えない代物です。
例えば、「ぎゅうにゅう」という言葉をキーを押してつくらせる問題が出てくるのですが、これを正解するためには、まず「ゅ」→「”」→「き」→「う」→「ゅ」→「に」→「う」の順番にキーを押さなくてはなりません。
このシステムを作った人たちは、本当にこんな順序で文字を書いているのでしょうか? 購入した後にこの事実を知り、怒りを通り越して、あきれてしまいました。
販売店に問い合わせしたところ、この新商品もそういった「変」な打ち方のままだそうですので、よく検討してからご購入されることをお薦めします。
ミニゲームも幾つか入っているので「ゲーム機」として割り切れば、いいのかも知れませんが…。



『アンパンマン大好きファンSHOP』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 アンパンマン大好きファンSHOP All rights reserved.
うみわけ大辞典! あつまれ!ママパーク 激安!基礎体温計専門店 
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー